水虫の治療薬にラミシールというとても有名な治療薬があります。水虫でお悩みの方や治療を考えた方は耳にしたことのあるお薬ではないでしょうか。当サイトでは水虫治療薬ラミシールについてご紹介します。

都市部で流行の水虫、通勤時間もラミシールで治療

都市部で流行している水虫。男女問わずかかります。昔は足を露出する夏にはやりましたが、現代では閉鎖的な環境の冬、通勤やおしゃれで使用する革靴やブーツなどの使用は絶好の繁殖環境です。水虫は文字通りジュクジュクしたかぶれ、かゆみを特に強く伴います。その繁殖力や耐久性は強く、薬を塗布しても持続して使用しなければ、ぶり返してしまうこともあります。治療には通気性のいい環境も必要ですが、わらじを履ける時代ではありません。特に冬、都市部では暖房環境の整った屋内と、屋外の気温差は激しく瞬時に靴の中は汗で蒸されたような環境になります。まさしく、治療は困難を極めます。そんな時は軟膏を効果的に使用することで、通勤中の時間を効果的に使い、治療に専念しましょう。ラミシールは市販薬でもありますが、処方薬の中でも代表的でです。第一選択薬にされることも多くあります。市販薬・処方薬、含まれている成分はほぼ変わりません。強力な治療効果は有名で、詰めに入りこんだ水虫菌にも効く形状のものもあります。爪の水虫は皮膚に起こる水虫と違い、かゆみはあまり伴いませんが、奥まで侵入し、爪がぼろぼろとこぼれるようになり、さらに変形したり厚くなっていきます。そこまで菌が入り込むと、軟膏では立ち行かず、同じラミシールでも水溶剤または、内服での治療も必要になります。水溶剤は爪そのものにしみこみ効果を発揮し、内服薬は体の中から薬の効果を発揮するものです。皮膚に生じる水虫でも根治までには数カ月以上かかりますが、爪水虫はさらにかかることがあります。ラミシール種類の選択を工夫し、根気よく治療していくことが大事です。水虫と聞くと他人事のような気がしている方も、明日は我が身。通勤中の電車の中、靴を脱いで入る居酒屋、都市部で人気のスーパー銭湯では足ふきタオルなどなど、あなたのそばに潜んでいる水虫にかかる可能性も高いのです。