水虫の治療薬にラミシールというとても有名な治療薬があります。水虫でお悩みの方や治療を考えた方は耳にしたことのあるお薬ではないでしょうか。当サイトでは水虫治療薬ラミシールについてご紹介します。

売れ筋の水虫治療薬のラミシールとブテナロックの違い

売れ筋の水虫薬として知られるラミシールとブテナロックは、配合されている抗真菌薬が異なり、ラミシールはアリルアミン系の抗真菌薬であるテルビナフィンが主成分であり、ブテナロックはベンジルアミン系の抗真菌薬であるブテナフィンが主成分です。
水虫は、カビの仲間である白癬菌が四肢や頭部、股部などの爪や角質に寄生する事で感染する表在性真菌症であり、患部の症状や発症部位により分類されています。白癬菌は、角質に含まれるケラチンを栄養源として寄生し、ケラチンを分解する為に分泌されるケラチナーゼの作用で強い痒みが生じています。
売れ筋の抗真菌薬成分であるブテナフィンもテルビナフィンも、白癬菌の細胞膜を構成するエルゴステロールの生合成に関与する酸化酵素であるシトクロムチトクロムP450の働きを阻害する事で、白癬菌の細胞膜の透過性をあげ白癬菌の細胞内の含有成分を細胞外に漏出させ抗真菌作用を示し、副作用が少ない医薬品とされています。
ブテナロックは、足部白癬や股部白癬(いんきんたむし)、体部白癬(ゼニたむし)、癜風などの表在性皮膚真菌症に有効とされていますが、ラミシールは白癬性肉芽腫やスポロトリコーシス、クロモミコーシスなどの深在性皮膚真菌症に加えて、爪カンジダ症にも有効とされています。
又、ラミシールが売れ筋な理由としては、外用薬では完治が難しい角質増殖型足白癬や爪白癬に対してテルビナフィン配合の内用薬で体の内と外から抗真菌作用を発揮出来る事です。
ラミシールの主成分であるテルビナフィンは、細胞移行性が高く血中半減期が長い特徴があり、腸で吸収された有効成分が速やかに白癬菌細胞内に移行し薬理効果が長く続き、高い抗真菌作用を発揮する点が人気の理由です。