水虫の治療薬にラミシールというとても有名な治療薬があります。水虫でお悩みの方や治療を考えた方は耳にしたことのあるお薬ではないでしょうか。当サイトでは水虫治療薬ラミシールについてご紹介します。

乾いた患部の治療にはラミシールによるパルス治療

一般に水虫は、強い痒みとジュクジュクした患部と思いがちですが、痒みも無く患部が乾燥している水虫もあります。
水虫には、足の薬指や小指の間に水虫の症状が出易い趾間型や足の裏に嚢胞が出来る小水疱型ある汗疱状水虫と角質増殖型水虫、爪水虫があります。
汗疱状水虫は、嚢胞が潰れる事でジュクジュクとした患部が特徴であり、ジュクジュクとした不衛生な患部は病原菌が侵入し易く、その為二次感染を引き起こし太腿内側のリンパ腺が腫れあがるリンパ節炎や蜂窩織炎を発症するケースもあります。
汗疱状水虫の治療は、ジュクジュクとした患部には液状の抗真菌薬は塗布した際にヒリヒリとした刺激があるので、ラミシールやピロエースなどの抗真菌薬を配合したクリームやスプレーが用いられ、外用薬なので副作用の心配が無いのでパルス治療の必要は無いとされています。
パルス治療は、薬を服用する期間と服用しない期間を周期的に繰り返す治療法であり、服用期間が短くなり副作用の抑制や治療費の抑制などのメリットがあります。
角質増殖型水虫は、汗疱状水虫を経て角質深部に白癬菌が寄生し、足の裏や踵の角質が硬く厚くなり、角質増殖型の患部はカサカサに乾いた状態です。乾いた患部の為に、加齢による肌トラブルと勘違いされるケースが多くあります。
角質増殖型は、乾いた角質が硬く厚い為にラミシールなどの外用薬の抗真菌効果は低く、一般的に角質増殖型の治療には副作用が少ないとされるラミシールやイトリゾールなどの経口薬が処方されています。ラミシールやイトリゾールは、角質親和性が高くスムーズに爪や角質に移行する事が出来、血中半減期が長いので抗真菌作用が長い時間持続します。しかし、肝臓で代謝された後に排出される為に肝臓への負担が無い訳ではないので、高齢者や肝機能が低下している方にはパルス治療が行われるケースもあります。