水虫の治療薬にラミシールというとても有名な治療薬があります。水虫でお悩みの方や治療を考えた方は耳にしたことのあるお薬ではないでしょうか。当サイトでは水虫治療薬ラミシールについてご紹介します。

ラミシールの効果を生かす足湯と寝具の配慮について

ラミシールは、水虫の治療薬として効果を発揮しています。
水虫の部位や皮膚の硬さ、湿潤度合いなどから、浸透性の高さや乾きやすさなどに優れた様々なタイプの塗り薬や服用薬があります。
ラミシールの効き目の高さを有効に生かしていくためには、日常生活においても水虫を患っている部位のケアが大切になります。最優先事項は、清潔さの維持になります。
足元の水虫ともなりますと、普段のケアは入浴時に洗浄する程度になります。ただ、それだけでは不十分な場合もあります。入浴によって表面上の清潔さは保たれていても、時間とともに菌は繁殖し始めます。それをできるだけ食い止めた上でラミシールを使うに際して、事前に足湯を取り入れることで効果を高めることができます。菌は、熱に弱い性質があります。足湯は、足先をやや熱めの湯に浸した状態で一定時間過ごします。そうすることで一時的に滅菌されて、その状態でラミシールを塗ることによって、更に追い討ちをかけるようにして菌の繁殖を防ぐことができます。足湯は、あえて裸にならずとも、そして浴室に行かずとも水虫の部位だけを湯に浸すことになります。時間の合間を縫って、熱めの湯を満たした容器に足先を浸して、ゆっくりとくつろぎながら取り組むことができます。
また、菌は睡眠中などに活発に働き始めます。就寝中に足元が温まり始めると、体温域においては菌も生殖しやすさがありますので、寝具などにも付着する可能性があります。再びその寝具で寝ることを繰り返しますと、ラミシールの効果も鈍くなります。この予防策としては、寝具をこまめに干乾しすることです。抗菌作用のある寝具や抗菌スプレーの吹きかけなどを活用することも有効です。