水虫の治療薬にラミシールというとても有名な治療薬があります。水虫でお悩みの方や治療を考えた方は耳にしたことのあるお薬ではないでしょうか。当サイトでは水虫治療薬ラミシールについてご紹介します。

お風呂のマットで水虫になったらラミシールを塗る

ラミシールは成分名ではテルビナフィン塩酸塩という、抗真菌剤の一種です。
ラミシールには飲み薬の他に、患部に塗るクリームタイプの外用薬や液剤、スプレー剤が発売されています。
抗真菌剤はカビ(真菌)が感染することで起こっている病気をカビを殺菌することで治していく薬で、その中でもラミシールは水虫の治療によく使われている薬となります。
水虫は白癬菌というカビが皮膚の角質層に感染することで起こりますが、このカビは水虫の患者さんの皮膚から落ちた角質の中にも生きているので、それを他の人が素足で踏み、その人の角質の傷から入り込んで繁殖すると感染者が増えることになります。
足が白癬菌に感染しやすい場所は、水虫の患者さんがいるご家庭のお風呂のマットやスリッパ、銭湯、プール、スポーツジムなどの足拭きマットです。
そのため、水虫の予防をするなら、水虫の患者さんがいるご家庭ではスリッパやお風呂マットは変えるようにして、公共の場所の足拭きマットは踏まないようにし、そういった大勢の人が素足で歩くような場所に行った後は、入浴やシャワーなどで足を清潔にするのがおすすめです。
ラミシールはドラッグストアや通販でも市販の薬が売っていますので、病院に行く時間が無い人はそれを患部に塗ることで水虫の治療を行うのも良いでしょう。
その際、効果的な使い方は、お風呂上がりだと皮膚がふやけていて薬の浸透が良くなるのでその時に塗ることや、患部よりも広めに塗って白癬菌を逃がさないようにすることなどがあります。
しかし、自分で治療を行っても治らない時や、早く治したい時は皮膚科を利用するのが一番効率よく治療が出来るのでおすすめと言えます。
皮膚科を受診すれば治りにくい種類の水虫には内服薬を処方してくれますし、薬の副作用についてもチェックしてもらえるので、自力での治療に比べて安心して治療出来ることがメリットです。